J_Uの日記

芸術とその価値観などについてです。

大人になってから、始めたほうがいい習い事 1位 ドラム(音楽)と語学

youtu.be

 

 

 

 

 

 

まずはこちらをご覧ください。

 

ドラム(音楽)で向上する能力一覧

知能指数(IQ)

・言語能力

・分析能力

・リスニング

・記憶力

・創造力

運動能力

・空間認識能力

・コミュニケーション能力

・計画性

・運動能力

・情報処理能力

・ストレス解消

・精神的な免疫力(心配、不安、怒りを軽減)

・ワーキングメモリー上昇

・老化防止効果

 

この情報を手に入れたときはビックリしました。

 

ただただ好きで始めたドラム。

音楽を追求するうえで、アメリカに留学し、自身もドラムだけでは収まりきらず、

作曲をするようになりました。

 

もちろんアメリカは英語圏で、

現地で過ごすには、必要最低限のレベルの英語力が必要です。

 

音楽と語学。

この2つがもっとも頭を良くしてくれる習い事1,2位を独占しているなんて…!

 

20代のころは、若さでなんとか乗り切れます。

どんなに鍛えていても、気を付けて、シビアな生活をしていても、

人間必ず老化というものをします。

僕らができることは、唯一これをスローに、遅らせることだけ。

 

要は、早いか遅いかの違い。

2つに1つです。

では遅いほうがいいでしょう。

 

脳の老化、遅くするにはどうするか?

答え 脳に良いことをします。

 

脳に良いこととは何か?

刺激を与えることです。

毎日同じ繰り返しや、新しい学びがない。

座りっぱなしの作業で1日寝ながら過ごすなど、

脳に血液が回らない状態が続くと、人は死にます。

 

なぜなら、脳が死ぬと、人は人でなくなるから。

 

その中でも1番いいのが、異文化に触れること。

今までの自分とは全く違うものに触れる。

それを理解すること。

 

さらに、差別主義者は知能指数が低いという研究があります。

 

~するべきだ!とか、~はこうあるべきだ!

男はこう、女は…とか、言っている人を思い浮かべてください。

 

「なんてこの人は融通が利かないし、頑固なんだろう?」

「柔軟性がないよね。」

と思ったことありませんか?

 

そう、それは一言で言えば、頭が悪いんですw

 

年を取るにつれて、だんだん脳機能は低下していきます。

繰り返しますが、遅いか早いかの違い。

どうせなら、今この瞬間から遅くする作業を始めませんか?

 

数ある楽器の中でも、ドラムを勧める理由

もちろん、僕が好きで、長い間やってきたのも理由の1つです。

人間、個々で遺伝子の違いもあり、得意なものや、不得意なものがあります。

 

ギター、ベース、ヴァイオリンといった弦楽器。

ホーン、トランペットのような管楽器。

ピアノ、木琴などを含めた打楽器。

 

これだけの種類がある中、実はすべてに共通したものがあります。

 

それはリズムです。

 

みなさん、こんな話は聞いたことありませんか?

 

日本人を含めたアジア人と、

白人と、

南米やメキシカンなどのスパニッシュ系、

アフリカ系の黒人。

 

すべてリズムの取り方が違うということ。

 

おそらく意識せずに過ごしている方は、ピンとこないでしょう。

 

昔、楽器店に勤めていたドラマーも、

「え?一緒でしょ?」

とわかっていませんでした。

 

そう、違うんです。

 

このリズムの取り方次第で、音楽、楽器の上達はグンッと、格段に変わります。

 

そんなリズムの基礎、感覚を学ぶにはやはり!

パーカッション系、ドラムがおすすめです。

 

さらに、これをもし、不得意とするのならば、

なおさらここから始めてみることをお勧めします。

 

なぜなら、自分の不得意分野を責めることで、

これ以上のいやなことが、今後人生で、

もし起きても、克服できる確率が上がるからです。

 

「これが出来たんだから、できるでしょ。」

「あれ以上の辛いものはないな。あれと比べたらこんなもの…」

となることが多くなります。人生イージーモードです。

 

僕自身、アメリカでの辛い生活を経て、いま日本では、かなり楽です。

 

僕のYouTube Channelでは、

初級、中級、上級と、ドラムの演奏法、

自宅でできる練習法などを紹介しています。

 

興味ある方はぜひ、見てみてください。

        👇

Junya Usui - YouTube

 

 

ドラム誌上コンテスト2021 一次審査通過!

youtu.be

 

去年2020年に初参加した日本のドラムコンテスト。

 

一次審査通過どまりで終わりましたが、

今年もなんとか一次は突破したようです。

 

今回は3次審査まであるうえ、

ファイナルまで行けば、東京でライブ審査があるという。

 

どうなるかはわかりませんが、どちらにせよ、僕がやることは決まっています。

それに向けて1日を大事にして、やるべきことをやっていくだけでしょう。

 

興味あれば、動画を見てください。

      👇

https://youtu.be/ei1AGQGuF8I

 

誌上ドラムコンテスト 人生2回目! 「Milestone」挑戦!

youtu.be

 

日本でのコンペティション応募、第2回目です。

 

アメリカでは世界的なドラムコンペティション、”Drum Off”に

 

2012,2013年に参加しましたが、Store Finalどまりでした。

 

なんでも、オンラインでも”Drum Off Global”というものをやっていて、

 

これは正真正銘、世界中で参加できるようです。

 

しかし、まずは自国で力をつけてから、徐々にステップアップすることが

 

必要でしょう。

 

前回は、一次通過で終わってしまったので、今回は何としても入賞したいものです。

 

興味あれば、動画を見てみて、Likeボタンをぜひ押してくださいねw

 

youtu.be

元Slipknot 創始者&ドラマー Joey Jordison死去

f:id:J_U:20210816211952j:plain

 

大学生の頃、当時18歳~22歳、2003年、2004年

ヘヴィメタルにハマっていた。

 

中でもSlipknotは衝撃的バンドで、何もかもが新しかった。

 

9人組という異質、

パーカッションとターンテーブル

サンプラーといった

ヘヴィーメタルというサウンドには、誰も組み合わせたことがない。

 

いや、一度は考えたことがある、挑戦したのかもしれないが、

確立させたのはこのバンドが初めてだろう。

 

Limp Bizkit, Linkin Park, Korn, Rage Against Machineなど、

ヘヴィーサウンドと、ヒップホップ、ラップを組み合わせたバンドはいくつもあるが、

Slipknotは、どの分野でも才を逸脱している。

 

デスメタルバンドとしてもサウンドの洗練さ、

ラップ、ヒップホップの組み合わせとしても上手くかみ合っている。

 

愚かな人の多くは、こう言う。

「こんなの自分にも出来る。」

「このアイデア、浮かんだことあるなぁ。」

「一回やろうとしたことあるんだけどね。」など。

 

スマートフォンを作ったときも同じ現象が起きた。

「一度浮かんだことがある。」と嫉妬深いアンチの人々はこう言った。

 

だが、大事なのは、

実現すること、具現化すること、結果を残したものが成功する

ということだ。

 

Slipknotを確立させたJoey Jordisonが、

その成功者の中の一人であることは間違いない。

 

そんなジョーイについてや、彼のドラム技術を一部だが、

YouTubeでまとめてみた。

 

個人的に好きなドラマーなので、何度か取り扱ったことがある。

興味あれば、見てほしい。

              👇

 

youtu.be

SLIPKNOTのドラムカバーばかりしてますw

f:id:J_U:20210619195725p:plain

 

アメリカに渡った2009年-2016年までは、

ジャズを主に学び、今まで、全然興味のなかったクラシカルミュージックにすらも

興味を出し、聴いていました。

 

それまで日本では、ロック、メタルを中心に演奏し、聴いていたのですが、

最近また聴くとやはり「あぁ、好きなんだな」と気づきます。

 

中でもこのSlipknotには当時から衝撃的で、

最近脱退したドラマーのJoey Jordisonがとても好きです。

 

Corey Talyorも好きで、

日本ではStone Sour,Slipknotのステージを見ています。

(当時はBassistのPaulが生きていました。)

 

 

さて、

音楽がもたらす、「心理学的効果」というものは

数々の研究者でも長年話題になっていて、

脳科学的にはまだまだ未知の領域が多いそうです。

 

ヘヴィーメタルと聞くと、敬遠される方か、めっちゃ好きな方かの

どちらかに極端に分かれる可能性が多いと思いますが、

実はこの手のジャンルの音楽には、

以下のような効果があります。

 

1.怒りなどのストレスを代弁し、解消してくれる。

2.頭のいい人が好む音楽

 

それぞれ説明すると、1の怒りの代弁とは、

ヘヴィーメタル」という音楽は

世の中への不満、いら立ち、混沌としたもの、矛盾したものへの反発など

表現した歌詞が多いです。

 

そのため、この歌詞に共感できることは、人が日常で抱える

そういった問題や、不平不満をぶちかます代弁者となってくれるのです。

 

結果、普段のストレス解消となるのです。

 

2の頭の良い人が

というのは、以下が理由です。

 

ヘヴィーメタルは、モノによりますが、複雑な曲構成、

テクニカルで、洗練された技術を使っている場合が多く、

そういったことを”ひも解く”ための知能がある人が、

その知的好奇心を刺激され、好む傾向があるようです。

(ジャズ、クラシカルミュージックも同じく)

 

いかがでしょう?

みなさんも、そういった心理学の面でも、音楽を扱ってみたら、

面白いかもですね。

 

というわけで、今回のドラムカバー動画はこちらです!

ぜひ、見てみてください。

 

 

youtu.be

 

 

youtu.be

日本が誇るドラマーが惜しくも…その技術を後世に受け継ぐには?

f:id:J_U:20210509221959j:plain

 

アメリカに渡る前、

ヘヴィーメタルにどっぷりハマっていた僕が、

なぜこの人のプレイに魅力を感じていたか?

 

それは、やはり彼もアメリカで学んだからだろう。

 

それだけが理由ではないが、数ある内の大部分ではあるだろう。

 

ある研究では、

同じ場所、同じ空間、同じ人、同じコミュニティの中で暮らしている人よりも、

海外や、多文化に触れること、実際に住む、暮らすということをする人の方が、

人間としての知能、質が上がる

という結果が出ている。

 

なんとなく好き、直観的にすごいと思う、このスタイルが合っているなど、

無意識に感じていること、

言葉では言い表せない理由、根拠はこの研究結果から説明することができる。

 

バークリー大学出身のドラム講師から様々なジャンルを学んだ僕は、

実際にLAに渡ることで、クラシカルミュージックにも興味を持ち、

もはやジャンルなどを気にすること自体、ナンセンスであることを知った。

 

ジャズ=自由=何でもあり

 

真の自由を手に入れた者は、自由な演奏が表現できる者である。

 

↓の動画には、彼の1つのテクニックを紹介したものである。

興味あれば、参考にどうぞ。

youtu.be

 

youtu.be

マインドフルネス瞑想について、まとめてみました! 人生を、自分を変えたい!という方にはおススメです!

f:id:J_U:20210313121320p:plain

 

 

瞑想はこんな方におススメ!!

 

1年を通して、みなさんこんなことに見覚えありませんか?

 

「あぁ、今年も早かったな~。」

「1年って早いよねー。」

 

こういった方は危険です!

ぜひ、瞑想をしてみてください。

 

なぜなら、1年を通して、 ”何もしていなかった” ということを

自分で証明しているからです。

 

何か成果を出したり、

目標を達成したりがあれば、

 

「この1年はよかった」、「思い出深い、濃密な一年だった」

などという感想になるはず。

 

アタフタ忙しく、あれに手を出したり、これをしてみたり、

「そんな暇ないよ!」と、

自分の忙しさを、誰にアピールしたいのか

口癖のように、行動している人を見て、

 

「かわいそうな人…」とよく思います。

何の成果も出ないのに。

 

そう、アタフタしても、焦っても、

結果は出ないんです。

 

・信号機のある道路で、むやみに飛ばす車や、

・まだ赤信号なのに、フライングスタートしたり、

・停止線を越えていたり、

・あおり運転する人とか、

・満員電車に乗る人とか、

・エレベーターでも満員なのに、無理やり乗る人とか、(コロナはどうしたの?笑)

 

こういった人たちは、全員上記の

「結果を出さない人」でしょう。

 

理由は、一番下の、動画にあります。

 

 

なぜ瞑想を”怪しい”と思うのか?

 

瞑想と聞くと、

宗教的で、あやしいものと思う方が多いでしょう。

 

なぜなら、日本はそういう洗脳教育をしているからです。

 

科学的に正しい事実や、本当にいいものは、

あまり人に勧めたくないのが、

人間の本質であり、卑しい部分です。

 

怪しいものとしておけば、大多数の人が手を出さない。

つまり、他人との差をつけられるわけです。

 

 もちろん、宗教的なものもあります。

科学は、それをひも解いて効果を証明したものですから、

未だにスピリチュアルなものだと勘違いしている人も多いでしょう。

 

 

 

人は”未来を予測できない”

 

マインドフルネスとは、

「今、この瞬間に集中する」ことです。

 

人間とは、本来、旧石器時代から、この現代まで、

未来を予測するという能力に関しては、

ほぼ進化していない という悲しい事実があります。

 

ここまで、科学、テクノロジーが進化しているにもかかわらず、

人間の「未来予測」という点に関しては、

サルと同様なのです。

 

にもかかわらず、

よく人は

「一歩先、二歩先を読みなさい」とか、

「彼は100歩先を読んでいる」など、

勝手な思い込みをよくほざいています 笑

 

ハッキリ言って、それらは、後でたまたま、偶然当たったにすぎません。

なぜなら、根拠がないからです。

 

つまり、できないこと、確実に不可能なことに

いつまでも理想論で力を入れるよりも、

 

今、この瞬間に起きている、現実を見ることが、

このマインドフルネスなんです。

 

 

マインドフルネス瞑想の効果

 

これをすることにより、

効果が以下のようにあらわれることを、

科学者は証明しました。

 

1. 集中力増加

2. 感情の安定

3. 怒りのコントロール

4. 脳内の整理

5. ストレス軽減

6. 不安、心配、うつの改善

7. 睡眠の質 向上

8. 学習能力アップ

9. 注意力アップ

10. 免疫力アップ など。

 

こんな方、身の周りにいませんか?

「あの人、いつもあんなにラクそうに仕事してるし、遊んでばかりなのに、

なんで自分よりできるんだろう?」

 

こういう方の脳内には、いい意味での”遊び”が文字通りあるわけです。

 

車のブレーキの”アソビ”です。

 

人にも、機械にも、この部分がないと、ガチガチで、壊れます。

 

人の壊れるとは、死を意味します。

 

長いようで、短い人生ですが、

 

それでも少しでも、より良く生きたいという方は、

 

試してみてはいかがですか?

 

↓の動画にやり方などをまとめています。

チェックしてみてください。

 

youtu.be