J_Uの日記

芸術とその価値観などについてです。

Patreonの使い方!アメリカで主流!!

目次

 

Patreonとは?

アメリカ発のクリエイター支援の

サブスクリプションサービス型、クラウドファンディングです。

 

クラウドファンディングについては、日本でも流行りましたので、

分かる方が多いのでは?

 

では、サブスクリプションとは何か?

 

これは定額制の登録サイトサービスと認識すればいいと思います。

 

有名な例:

Spotify (音楽サービス)

Amazon Prime (商品)

Netflix (映画サービス)

 

つまり、月額で使い放題、サービス受け放題ということです。

 

 

課金について

 

大きく分けて2つあります。

 

・投稿1つに対して、自分で金額を決めて、支援する。

支援したいコンテンツを選べますが、

クリエイターが決めた最低限金額が必須です。

 

・もう1つは、一般的。定額制で、月で支援する。

プランによって金額が違い、

その一定額を払えば、含まれているコンテンツを見放題ということです。

 

 

支援、課金方法、それまでの順序

1.ログイン

  ↓

2.クリエイターページトップ

  ↓

3.Tierを選ぶ

  ↓

4.支払い額、方法選択

  ↓

5.支援完了

 

Tierとは??

 

クリエイターがそれぞれ決めているプランのことです。

 

月額いくらのものを選ぶか、支援者(Patron)自身が選択します。

 

Paypalか、クレジット引き落としか、選びます。

 

基本、月初めの1日に課金されます。

ただ、Monthlyの場合、クリエイターの設定によって違います。

前払いか、後払いかです。

 

例:7月23日に入会、支援した場合。

前払い設定:その場で課金され、7月分の支払い完了。

後払い設定:次の月の8月1日(LA時間)に自動的に7月分が請求されます。

 

 

日本は非常に遅れているため、ドルか、ユーロ、ポンドでしか、

支払いはできません。

 

2020年現在では、1ドル=約107円前後です。

 

 

僕、Junya Usuiプランの場合

 

僕の場合は、月額制にして、4つのカテゴリーに分けています。

www.patreon.com

 

f:id:J_U:20200705165233p:plain

・Beginner 初心者 月1ドル(約107円)

初歩的なドラムレッスン。

ドラムが脳、体に与える一般的な効果を紹介。

 

・Intermediate 中級者 月3ドル(約321円)

ドラムの効果を人生においてどのように活用するか?その方法。

中級者向けドラムレッスン

リクエストにお答え

 

・Advanced 上級者 月5ドル(約535円)

上級者向けレッスン + 中級者プランの特典 + 個人向け質疑応答

 

・Pro プロ級 月10ドル(約1070円)

バークリー音楽大学出身のドラム講師に学んだ、プロ級レッスン

全てのプランの特典付き

チャットができます。

 

僕の場合は、得たい情報量や、レッスンによって金額が変わるという仕組みです。

 

退会方法

ログイン

 ↓

My Member Shipをクリック

 ↓

解約したいクリエイターのEditをクリック

 ↓

Edit or Cancel Paymentをクリック

 ↓

以下の内、Cancelを選択

・Select a Different Tier(違うTier選択)

・Update Your Payment Method(支払方法変更)

・Cancel Your Payment(支払キャンセル)

 ↓

退会理由を問われますが、Skipしても大丈夫。

 ↓

完了

 

 

まとめ

 

アメリカに暮らして実際感じたことですが、

インターネット、Social Mediaに関して

日本は世界的に非常に遅れています。

 

AIもそうですが、同じアジアでも、中国、台湾、韓国の方が優れています。

 

車の運転免許、役所の手続き、銀行、学校の授業、企業の連絡、会議、

サービス業、サブスクリプションサービス、その他で

Onlineは、主流になっています。

アメリカでは今から12、13年前の話です。(2008年頃)

 

今さら、日本でYouTubeの参加が流行りだしたり、

このサブスクリプションサービスについて

あまり注目されていない状況をみても、

今後この遅れを取り戻すことはないと予想されます。

 

どんな災害、予想しない出来事が起こっても、

対処できる柔軟な考えを持つことが大切です。

これからの時代、生きるために必要な能力でしょう。

 

使い方を知るだけ、今からやっておいて損はないでしょう。

 

事が終わってから、後悔しても遅いですよね?

 

大体失敗する人、謝る人って、いつもそうです。

 

Patreonサイト:

Junya Usui is creating Music, Music Video,Drum Lesson | Patreon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからどんな災害、テロ、感染流行が起きてもおかしくない!だからこそ、今から人の質を上げて、準備する!資金、労力を最低限に結果を出す!

今、世界中で騒がれている”コロナウイルス”問題。

やむなく”自宅待機”になっている人、

なっていなくても、なるべく自主的に外へ出歩かない人が多いと思います。


重要なのはこれからどうするか、何をするか。

それにより、道は大きく2つに分かれます。


1. この時間を有効に使い、自分の能力を高め、

  日々成長、学び、向上を意識して上に上がるか?

 

2. 不平、不満を並べ、悲しみ、憎しみ、怒り、

  不安にさらされるまま、

  何もせず、できないことを”やらない言い訳”にして、

  下降していく人生をたどるか?

 

今から1年後、3年後、5年後、10年後。

あなたはどちらの人生を歩んでいるか?

何を手に入れているかは今、この瞬間で決まります。

 

そして、たとえこのような騒動にならなくても

こういうことを考えておくことが大切です。

なぜなら、今後これよりも、もっとひどい、

何かが突然起こることも考えられるからです。

・9.11テロは誰が起こると予想できたでしょうか?

・福島の地震津波。誰が予想していましたか?

・熊本の大地震は?

・今回のコロナは?


何が起こっても不思議ではありません。

それは予期せぬうちに突然やってきます。

だからこそ、常に、何が起こっても対処、対応できる

脳の力、冷静な判断力、決断力、準備が必要になるんです。


・くだらない情報に惑わされない、

 客観的に、広い視野で見れる認知能力。

 情報処理能力。


・他人とうまくコミュニケーションを取ることができる

 言語能力。


・何か起きたときに、走って逃げられるほどの体力、

 機敏さを活かす運動能力。


今から鍛えておかないと、

いざ、始まってから

”あぁ、あの時からしておけばよかった…。”

と後悔しても、あなたはこの世にいないかもしれません。

 

僕はドラムを始め、アメリカで作曲を学び、

これらの知識、経験をどうやって人の役に立てるか

を考えてきました。

そこで出会ったのが、

”音楽が人の脳や、心理にどのような影響を与えるか?”

を研究している科学者の存在です。


これを知り、学び、

僕ができること、得意な分野を

配信することで、

1人でも人々のお役にたてればと思っています。


楽器の演奏が人の脳に与える効果は証明済みです。

・ドラムが知能指数向上

・作曲が空間認識能力を上げる。

・ワーキングメモリーを鍛える。

・言語能力向上

・認知能力向上

・老化防止

・ストレス解消、免疫を作る。

・運動能力

・計画性

・情報処理能力

などなど。

かなりの能力が上昇します。


ちなみに、脳を活性化し、情報処理能力や、認知能力などを高めることは、

人間の持つ、バイアス(信憑性のない情報を真に受けてしまうエラー)

を避けてくれる効果が期待されます。

つまり、今この時代、何が正しく、何が間違っているかが重要な時。

一度立ち止まり、冷静な判断をすることが命運を分けると言っても過言ではありません。

そんな能力を向上することも期待できます。

 

今まで楽器をしたことがない人。

興味すらない人。

やろうとし始めている人。

どんな人にもお試しでおススメする方法です。

簡単で、1日5分でもOK.

自宅でラクにできます。


YouTubeTwitterを使って、情報を配信していますので、

今の自分をもっと高めたい方はぜひ、お試しください。


https://youtu.be/OXUXtLAULsI

https://youtu.be/Re7qdFaKt98

https://twitter.com/JU10257876

 


知人に会えることもなかなかできない中、

今度また会える日が来た時に、

”お?あいつなんか変わったね。”

と他の人より一段、群を抜くか。


たとえ、それで発揮する機会がなかったとして、

やったことに対して損だったと思いますか?

できないことができたことはとても得になると思います。


目的は楽器を演奏することではありません。

 

”脳を変えること” です。

”体を変えること” です。

”思考を変えること” です。


もちろん、選択するのはあなた自身です。

この時間を有意義に、有効に使って、

将来の自分を作りたいと思いませんか?

あなたは今の自分に満足していますか?

 

参考文献:

チューリッヒ大学 心理学者 Lutz Jancke
楽器演奏は脳の形成を促進する
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2948283/

ハーバード大学 神経学者 Gottfried Schlaug
楽器演奏で子供の脳と認知能力を発達させる効果
https://www.musicianbrain.com/papers/Schlaug_Music_Child_Brain_NYAS2005.pdf

・南フロリダ大学 音楽教育学教授 Jennifer Bugos
楽器演奏が60歳~80歳の人に与えた、脳への効果
https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT02564601

・ノース・ウェスタン大学 聴覚神経科学者 Nina Craus
楽器をすることが記憶力、聴覚、視覚を優れさせる
(45歳~65歳を対象に研究)
https://www.dailymail.co.uk/health/article-1386156/Forever-young-Why-musician-slow-effects-ageing.html

コロナウイルスにマスクは疑問!?あなたはどちらだと思いますか?

最近うんざりするほどの毎日の騒動。

 

不安、ストレスに才悩まされていると思います。

 

ここで、1つずっと疑問だったことをみなさんに

 

尋ねてみたいと思います。

 

予防策?

 

無症状の人の拡散防止?

 

どちらにせよ、かなり多くの人が

 

フェイスマスク

 

をしていると思います。

 

しかし、医療界の人が勧めている対策はこれ。

 

・手洗い、うがいをこまめにする。

 

・人込みには近づかない。距離を置く。

 

・顔に手で触れない。

 

いくつかの医療機関がマスクを支持していますが、

 

ここに疑問の残る検証もあります。

 

オーストラリアのシドニー、サウスウェールズ大学の医学研究所

https://bmjopen.bmj.com/content/5/4/e006577

 

韓国の蔚山大学医学部の研究グループ

https://annals.org/aim/fullarticle/2764367/effectiveness-surgical-cotton-masks-blocking-sars-cov-2-controlled-comparison

 

これらが、フェイスマスクには、

 

ウイルスをフィルターする効果が見られなかった

 

としています。

 

驚くべきなのは、

 

・医療マスクでさえ、44%の遮断効果。

 

・一般のみなさんの使うものは97%ウイルスを通してしまうこと。

 

つまり、効果がないことがわかったとしています。

 

さらに震撼させた事実は、

 

マスクの内側よりも、外側の方がウイルスが多いということ。

 

これに感染者が無意識に外側に触っている場合、

 

二次感染が起こる可能性も否定できない。

 

これにより、

 

無症状感染者が

 

つまり、症状がない人が、周りの人に拡散しないために

 

マスクをする意味に、疑問が出てしまった。

 

 

さらに、手作りの布製マスクに関しては、

 

全くしないよりも、逆に悪化させてしまう危険性があり、

 

かなりリスクがあるとしている。

 

これらは、医療機関の論文なので、

 

デマである可能性は低いです。

 

以上の事から、やはり、

 

一番の対処方法は

 

最初から言っている

 

 ・手洗い、うがいをこまめにする。

 

・人込みには近づかない。距離を置く。

 

・顔に手で触れない。

 

これに限ることであると思います。

 

あなたはマスクを信じますか?

人目を気にしちゃう…。他人って自分が思い込んでるほどあなたを見ちゃいませんよ。

f:id:J_U:20200409212504j:plain

 

・あぁ言ったら、こう言われるかな…。

・こんなことしたら、何て言われるか…。

・とてもそんなことできない!だってあの人が怒るから…。

・間違ってると思うけど…。でも、会社が、(学校が)決めたっていうし…。

先生がいるから勉強しなくちゃ。(してるふりをしなくちゃ)

上司がいるから仕事しなくちゃ。(してるふりをしなくちゃ)

 

これって、

本当にあなたの頭で、

あなたの意志で、

あなたの細胞1つ1つが考えたことですか?

あなたが本当にしたいことですか?

 

僕もアメリカに行く前に、日本に住んでいた頃は、

同じ考えでした。

 

どこかで矛盾を感じながらも、

実際に行動には起こさず、

それをするのが普通であると思っていました。

それが みんなやっている事だから と。

 

アメリカで師に出会い、

怒鳴られ、殴られ、ボコボコにされる要因がありました。

 

びっくりしますよ?

その理由がなんだと思います?

これらなんです。

 

・他人に便乗するな!

・人のマネをするな!

・人の顔色を伺うな!

・自分の頭で考えろ!

・人のためになることをしろ!

 

これで本気で殺されるんですよ?

日本の教育とは全く違うでしょ?www

 

 

日本ではこうです。

 

・人に合わせなさい。

・人を手本にしなさい。

・君もあの人を見習いなさい。

・協調を乱しちゃいけない。

・空気を読みなさい。

・人の迷惑になってはいけない。

 

日本の教育は”日本”という国で

支配しやすいロボットを教育するので、

当たり前にみなさんは

こういう人間として育てられてしまいます。

 

だから、こうなってしまうんです。

それが、当たり前だから…。(正しい、間違いは別で)

 

その根っこは根深く、

それを引っこ抜くには、多少荒い手を使って、

叩き起こさないと、

人はこの、

入念で、しつこい日本の思想からは

離れることはできません。

 

今となってはとても感謝しています。

 

 

認知心理学者のダニエル・カーネマンが研究した結果で、

人には思い込み、

見たことが全てであり、

 

確証や科学的根拠、

確固たる理由や、物事の筋道などは

全く関係なく、

 

その人の目に映ったものが真実である

 

とかなり危ない判断をしているということが証明されています。

 

コロナウイルス予防にはマスクが有効とか、

 

だからマスクが無くなるとか、

 

トイレットペーパーがなくなるとか、

 

買いだめしなきゃとか。

 

全て、自分の憶測、思い込み。

 

そして、もう一つ危ない要素が

 

みんなが(大衆が)、言っていることが真実である という思い込み

 

どこかで流行っている、

 

有名人、著名人が言っている、

 

専門家が言っている、

 

そこにはどんな理由があり、

 

何を科学的根拠として正しいと言えるのでしょうか?

 

今一度みなさん、

 

情報の、物事の本質はどこにあるのか?

 

一度立ち止まり、よく考えることです。

 

そして、あの人はそう思っている。

 

としても、こう考えてください。

 

では、あなたはどう思いますか?

 

それはなぜですか?

 

あなたはその人と同じ人間なのですか?

 

あなたの細胞はその人と同じですか?

音楽の意外な効果。人のためになるってこういうことですね。

www.youtube.com

 

音楽の力って意外にすごいんです。

 

みなさんは普段どんな音楽を聴いていますか?

 

Pop, Rock, Punk, Dance, Hip-Hop,Heavy Metal,

Jazz, Blues, R&B, Dubstep, Future Bass

 

数をあげればキリがないくらい、

現代ではかなり多くのジャンル分けがあります。

 

何気なく聴いている音楽。

 

ストレス解消になることや、

自分の気分を上げることは

みなさんもよくわかっているでしょう。

 

しかし、その他どんな効果があるかご存知ですか?

 

・自分の頭を良くしてくれるのは?

・怒りの感情を抑えてくれるのは?

・悲しみを和らげてくれるのは?

・有頂天になったり、調子に乗ったのを元に戻してくれるのは?

・ダイエットの効果があるものは?

・不安や、心配事を減らしてくれるのは?

 

そう、これ全部、的確な音楽を

ただ聴くだけで効果があるんです。

 

Fair Field大学の研究では、テンポの緩やかな曲は、

人の満腹中枢を刺激し、過食を防いでくれる効果があります。

 

茶店や、バーなどで、よくJazzが流れていませんか?

 

あれはJazzの早いテンポの曲を流し、

より多くの食事を取らせたり、

早く食べることで、客の回転率を上げたりする効果があります。

つまり、経営側の戦略と言えるわけです。

 

カジノでは、スローテンポ、ハイテンポの曲を流し、

人に無意識に、危険なギャンブルを促している効果もあります。

音楽がギャンブルをする人の心理面に働く効果も

心理学者は証明済みです。

 

飲食店や、バー、カジノなどは、

金儲けのビジネスとして音楽を利用するのが定石です。

そういう使い方もあるでしょう。

 

しかし、ミュージシャンの僕としては、

やはり、より人のために、

人が望むことに効果を出したいものです。

 

そこで、

・リラックス

・ストレス解消

・不安や心配を軽減

 

などに効果があるだろうと予測し、

そんな曲を作ってみました。

 

もし、興味があれば、聴いてみてください。

 

 

youtu.be

 

 

FairField University
参考文献:テンポが緩やかな曲は、満腹中枢を刺激し、過食を防ぐ
https://link.springer.com/content/pdf/10.3758%2FBF03329832.pdf

 

Journal of the Academy of Marketing Science
参考文献:音楽がどのように食習慣へ影響するか?
https://bigthink.com/philip-perry/how-does-music-affect-your-eating-habits

 

 

 

 

正しい情報を手に入れていますか?注意力、判断力、認知を鍛える方法教えます!

f:id:J_U:20200406202806j:plain

 

質問を2つします!

なるべく早くお答えください。

 

Q1. バットとボールは1ドル10セントです。

  バットはボールより1ドル高いです。

  では、ボールはいくらでしょう?

 

Q2. すべてのバラは花である。

  一部の花はすぐしおれる。

  したがって、一部の花はすぐしおれる。

  この理論は成り立ちますか?

 

 

答えは以下です。

 

 

Q1. バットは1ドル5セント ボールは5セント

 

Q2. 成り立たない。

 

 

Q1には、バットを1ドルで、ボールを10セントと答えた方が

多いのではないでしょうか?

しかし、それでは、

”バットはボールより1ドル高い”

という理論が成り立ちません。

もし、ボールが10セントだとすると、

バットは1ドル10セント。

すると、合計1ドル20セントになってしまいます。

 

 

Q2については、成り立つと答えた人が多いのでは?

しかし、すぐにしおれる花にバラが含まれない可能性がある

ことを考えたでしょうか?

 

 

実はこれは、認知心理学者 ダニエル・カーネマン

実際に研究をしたもので、

一般的に知能が高いと言われる、

アメリカ最高級の名門 

ハーバード大学

マサチューセッツ工科大学(MIT)

プリンストン大学

などの生徒でも、

半分以上の学生が間違える

という驚くべき結果になったというのです!

 

なぜこのような結果になるか?

 

ダニエルによると、人の認知には2つの種類があるとしています。

 

1つは、直観的思考。

 

もう1つは、熟慮熟考のタイプ。

 

この2つの問題で間違えた人はおそらく、

1つ目の直観で、答えた方が多いでしょう。

 

深く考えず、違う可能性を探らなかったことが原因です。

 

問題は正解した、間違えたという話ではなく、

 

一般的に知能が高いとされている名門学校の学生、

優秀な人を含め、

一般的な知能の持ち主

関係なく、半数以上がこの直観的な思考によるエラー(間違い)

をしているということ。

 

もし、これに正解した方がいれば、

物事に対して、より深く、注意力を持って考える人と言っていいかもしれません。

 

情報が飛び交っている現代社会。

最も正しく、科学的に根拠があり、

信憑性の高いものを追求するには、

それなりの知識、注意力が必要です。

脳を鍛え、認知能力を常に高めることが大切です。

 

物事の本質を、

ちゃんと見定められる人間になりたいとは思いませんか?

 

僕はミュージシャンで、ドラムを16年、作曲を5年。

アメリカに留学し、脳科学、心理学の観点から

音楽がどう人の役に立つかを研究しています。

 

主に、脳神経学者や、心理学者がすでに証明している文献を読み、

これを音楽にどう活用できるかを追求しています。

 

YouTubeTwitterで、そちらの情報を無料で提供しているので、

興味ある方はぜひ見てみてください。

 

楽器をしたことのない人、

音楽に興味ない方でも、普段の生活に音楽を取り入れることで、

知能を高め、

注意力を高め、

ストレス軽減や、心配事の解消、それらの免疫を作ることさえ可能です。

 

まずはこちらから見てみてください。

 

youtu.be

 

 

 

youtu.be

誰でも持つ習慣は使い方次第!人生を思い通りにする方法があります!

f:id:J_U:20200405154126j:plain

人のクセっていろいろありますよね?

それが良いか悪いかは別の話で。

 

・毎朝、顔を洗う

・朝はコーヒーを飲む

・早起きをする

・昼寝を必ずする

・タバコを吸う

・お酒を飲む

・テレビを見る

・ゲームをする

・ご飯を1日3食食べる

・歯磨きをする

ティッシュは2,3枚絶対使う

・トイレの後の手洗いする、しない

 

これって全部人の

”習慣”

が原因だってことはご存知ですか?

 

そりゃ当たり前だろ!って思う人もいるでしょう。

 

でも、中には

”それが好きだからやっている”

とか、

”自分に合っているから”

っていう人もいません?

 

例えば、

・夜更かしをする人

・このおかずには、お米がないとだめだ!と言う人

・食事の後はコーヒーがないと…という人

・ピザ、パスタにはタバスコだろ!という人(*イタリア人はかけません)

・本を1日1冊読む人

・車に乗っている時には音楽を聴く人

・見ていないのに、テレビをとりあえずつける人

 

逆の悪い方に動く場合も同じです。

 

・朝に上手く起きられない人

・朝に顔を洗わない人

・手を洗わない人

・目をすぐ掻いちゃう人

・鼻を触る人

・勉強が嫌いな人

・難しい話、事にはなるべく関わりたくない人

・運動が嫌いな人

・ジャンクフードを食べる人、それで食事を済ませる人

カップラーメン、揚げ物、ハム・ソーセージなどの加工食品、

 ポテトチップスなどのお菓子類全般、コンビニで売られているほぼ全般の食品)

・暇があればスマートフォンを触る人

など。

 

 

そう、

心理学、脳科学の観点から考えると、

人の行動には、習慣化しているか、そうでないか、

の理由があるんです。

 

話のポイントは

好きか嫌いか ではなく、

全てあなたの 習慣 が成している事である

ということ。

 

こうなったら、こうする

という一連の思考パターンが人それぞれで作られているということ。

 

つまり、どういうことかと言うと、

 

・朝起きたら → 顔を洗う、次に歯磨きをする。

・12時になったら、 → 昼食をとる。

・食事の後には → タバコを吸う

・ピザには → タバスコ

・小腹がすいたら → ポテチを食べる

・この時間には → TVをつける

 

*ちなみに、

 ・ピザとタバスコとか、

 ・ペペロンチーノにベーコンを

 というのは日本のスタイルです。

 イタリア人には理解されません。

 理由は ↓ です。

 

心理学者 ダニエル・カーネマン はこう研究しています。

”人の思考にはステレオタイプから来る、

思い込み、ミスが多数生じている

としている。これをバイアスと呼ぶ。”

 

さて、ここから本題です。

 

ということを踏まえればですよ?

 

この習慣化のテクニックを使えば、

 

悪いクセをいいクセに、変化。

 

やりたいこと、実現したい目標をいいクセに変化。

 

出来たら、

なりたい自分になれる

可能性が広がるということです。

 

では、どうやってそれを習慣化するかをご紹介します。

 

ポイントは2つ。

 

 

1. If-Then Planning(イフ・ゼン・プランニング)

 

2. 最悪の未来を想像する

 

 

1. If then Planningとは

 もし、~になったら、(If)

 こうする(Then)

という設定をいっぱい作っておくこと。

 

これはコロンビア大学の心理学教授をはじめ、

さまざまな研究者が推奨しているやり方です。

 

効果は絶大で、何も考えない、これをしない人より、

2倍~3倍 目標達成率が上がる

という結果です。

 

コツは、なるべく考えられるだけ、たくさんの、

自分にとっての障害と成り得るものを書きだすこと。

 

例えば、 ”今年1年で5kgダイエット” と目標を決めたとします。

 

・もし、ポテトチップスを食べたくなったら、(If)

 ドライフルーツを小皿に1杯だけ食べる(Then)

 

・もし、運動がめんどくさい、やる気が起こらなかったら、(If)

 5分でいいから散歩して、休息しよう(Then)

 

などのようなことをたくさん思いつくだけ、書きだす。

 

・人や、状況、環境による自分の目標を妨げるもの、

・自分の中にある怠慢や、クセなどが障害となるもの

などをたくさん書き、

それになったら”の対処法を考えておくこと

 

ちなみに、

ネガティブなことは考えない方がいいというのは、全くの間違いで、

それらに対しての対処法を考えるかどうかで、

成功確率が上がる と研究者は言っています。

 

つまり、ネガティブな人ほど、

いろんな観点から物事を考えられる人ということです。

 

注意点は、

”こうなったらどうしよう、どうしよう!?”

とパニックになるのではなく、

どうしたら、これを対処できるだろう?

どうしたら、打開できるだろうか?

を考えることです。

 

あと、一番効果的なのは、時間を設定することです。

 

みなさん、朝起きて、

顔を洗わない人や、

歯磨きをしない人、トイレに行かない人はいますか?

いるかもしれませんが、

ほとんど朝にやる事は決まっているはずです。

 

(If)7時になったら → (Then)起床する

のように、”いつになったら、~する”

を具体的に決めることです。

そして、障害や、妨げとなるものを想定しましょう。

 

次に繋がるのが、

2. 最悪の将来を予想する です。

 

こんな経験をした方いませんか?

・夏休みの宿題はいつも終わり頃(1~2週間)に集中してやっていた

 もしくは、親に手伝ってもらっていた。

 

*人がもし、合理的な生き物ならば、逆で、

 めんどくさいことは始めに終わらせ、

 残った時間を有意義に、楽しく遊んで暮らす

 となるはず。

それがいい、ということはみなさん頭ではわかっているんです。

 

でも、夏休みの宿題に関して、

おそらく大半の人がそうなっていないはずです。

 

今でもその習慣が消えていないのでは?

 

そしたら、こう考えるんです。

 

”今、これをしなかったら、10年後、20年後、未来の自分は…。

 

・借金まみれで、

 お金を生み出すアイデアを考えることもできない、

 やり方がわからない。

・最初はお金を恵んでくれたりしていた人も知人でいたけど、

 どんどん断られていき、誰も助けてくれない。

・仕事も能力がないから誰も雇ってくれない。

・家も両親がいなくなって、維持できずに、ホームレスに。

・食べ物もない。

勉強しなかったからだ。

仕事をしなかったからだ。

もししていれば、こうなるもっと手前で、

こんな対処法や、やり方で回避できたかもしれないのに…。

あぁ!あの時していれば!!

 

と思いっきり後悔するんです。(もちろん想像で)

 

はい!!

では、現在に戻ってください!

 

今のあなたは、将来、そうならないように、

どうすればいいと思いますか?

 

今の悪癖、続けたら、そうはならないと確証を持って言えますか?

 

将来そうなってから後悔するのと、

今!めんどくさいと思っていても、ここでやっておくのと、

どちらがいいと思いますか?

 

そう、ポイントはなるべく最悪の想像をすること。

全てを失う、味方がいない、手足を失う、命の危険、など。

 

それをなるべく具体的に想像するんです。

 

今、ポテトチップスを食べることを選択したら、

将来それで精神的に病み、

体を壊し、病院にかかり、多額の手術代を払い、

ボロボロの肉体になり、

好きなコトはおろか、何もできない人に成り下がり、

誰も相手にしてくれない、

味方だった人も離れていく。

(ジャンクフードが人の脳、精神、肉体をボロボロにするというのは、

 科学的根拠に基づく事実です。かなり信憑性があります。

 人の脳、肉体、精神の質により、

 人の人生、収入が変化することは相関関係があります。)

 

は!?

そうなってから後悔しても手遅れ!

今、ポテチを我慢する苦しみと、

なってから一生苦しむのと。

どっちを選びますか?

 

大半の人が失敗する理由はここにあります。

 

福島の原発事故、

日本の大地震

逃げ遅れた人はこう思っていたはず。

 

”まさかここまで津波、被害はこないだろう”

 

もし、このとき、最悪の状況を想像して、行動を常に心がけていたら?

 

今、世間を騒がしているコロナ。

もし、これに感染したら、自分は大した症状はなくても、

・仕事現場は閉鎖になる、職場の人は仕事を失う。

・会社は、日本は負担してくれない。

・評判もすべてガタ落ち。

・周りから ”だから対処しろって言ったのに” と白い目で見られる。

 

こう想像して、みなさんは対処法を実際に実行していますか?

そう、行動に移すことが肝心。

考えるだけは、何もしていないのと同じです。

後で ”こう思っていた” というのは簡単。

実際にそれをやっているか?

行動に移しているか?

が重要です。

 

さて、僕は、ミュージシャンですが、

こんな脳を、思考パターンを手に入れるには、

色々な知識、勉強はもちろん、

その脳づくりが大切だということをアメリカで学びました。

 

楽器をする、作曲をすることが、人の脳を活性化することが

脳神経、心理学者などのさまざまな研究者により、

判明しています。

 

そして、その得た知識をみなさんに無料で提供することが、

僕が人のためにできる、役に立つことができると

思ったのです。

 

僕のYouTubeには、ドラム、作曲、僕の作品、心理的に効果のある曲

などがアップされています。

 

興味あれば、こちらをご覧ください。

みなさんの考えを少しだけ、前に進むことになれば幸いです。

 

もちろん、実際に行動する、意志決定はあなた自身です。

 

自分の望む、輝く未来か?

全てを失い、後悔する自分か?

 

選ぶのはあなたです。

責任は全て、あなた自身にあります。

 

 

youtu.be

 

mypage.mag2.com